【N4文法】「〜か」「〜かどうか」違いと使い方まとめ

疑問詞(なに、だれ、どこ、いつ) +「か」

疑問文を文の中に組み込む時、その疑問文になに、だれ、どこ、いつなどがつく場合、その文は「疑問詞〜か〜」の形になる。

鈴木さんはいつ来ますか?+(あなたは)知っていますか?
=(あなたは)鈴木さんがいつ来るか知っていますか?

動詞→昨日、何を食べたか覚えていますか?
い形容詞→誰が一番かっこいいか教えてください。
な形容詞→いつ暇か教えてください。
名詞→これは誰の傘かわかりますか?

疑問詞がつかない文 +「かどうか」

意味:whether; If

疑問文を文の中に組み込む時、その疑問文に疑問詞がない場合、その文は「〜かどうか〜」の形になる。

鈴木さんは来ますか?+(あなたは)知っていますか?
=(あなたは)鈴木さんが来るかどうか知っていますか?

動詞→佐藤さんが二次会に来るかどうか確認します。
い形容詞→おいしいかどうかわかりませんがどうぞ。
な形容詞→彼が元気かどうか気になった。
名詞→このダイヤが本物かどうか調べたい。

よく使う言い方:

〜かどうかわかりません。
〜かどうか聞いてみます。
〜かどうか迷っています。
〜かどうか心配です。
〜かどうか確認します。/確かめます。
〜かどうか調べます。

明日の祭りに行くかどうかわかりません。

「〜か」「〜かどうか」重要ポイント

・疑問引用説の中の主語は通常「が」で表される。「は」のままの場合もある。
・疑問詞がない場合は「かどうか」を取るが、実際は「か」で表される場合も多い。
e.g. 鈴木さんが会議に来るか知っていますか?

・「か」の後に来る動詞は覚える/忘れる/知る/わかる/見る/聞く/調べる/相談する/心配する/数えるなどがある。

【参考文献】
・みんなの日本語初級Ⅱ第二版 教え方の手引き
・初級を教える人のための 日本語文法ハンドブック
・初級日本語文法と教え方のポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする