【文法】「みたいだ」「らしい」「っぽい」意味の違い

みたいだ

「〜ようだ」と同じように使われるが「みたいだ」は会話でよく使われる。

比喩→実際はそうではないけどそのように感じる場合。

春みたいな天気ですね。

彼女は私のお母さんみたいな人です。

この石、ダイヤモンドみたい。

彼女は子供みたいに泣きじゃくった。

推量→その場の状況から話し手が判断。自分の五感(音、匂い、味、触感、見た目)から主観的に判断し、推測する表現。

このアパートは誰も住んでいないみたいだ。

彼は今日、来ないみたいね。

彼女はもう帰っちゃったみたい。

例示

ハニフさんみたいに日本語が話せるようになりたい。

あなたみたいな人大嫌い。

彼みたいな人生は送りたくない。

っぽい

実際はそうではないけどそう感じる時に使う。

彼女は男っぽい性格だ
うちの猫は犬っぽいのよ〜

食べたり見たりした時に感じる気持ちや状態。

このカレー水っぽい(ー)
この服、なんか安っぽいね(ー)

性格を表す時に使う(その傾向がある)

うちの上司は怒りっぽい人なんです。
最近忘れっぽくて認知症か心配になる。
飽きっぽいからどうせジムも続かないだろう。

らしい

典型→いかにもそれらしいときに使われる。

彼は本当に男らしい人ですね。

春らしい天気になりましたね。

私は女性らしい服はあまり好きじゃないの。

伝聞

明日は雪が降るらしい。

→天気予報で明日は雪が降ると言っているのを聞いた時。ーそうだと同じ意味合い。

推量

彼は彼女のことを諦めたらしい。

(ーようだと同じ意味合い)

「犬っぽい猫」の画像検索結果
猫っぽい犬だね。
猫みたいな犬だね。
犬らしくないね。(犬らしいの反対)

参考文献
市川保子 初級の日本語文法と教え方のポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする