【N1文法】〜たりともない

意味:絶対に〜ない。さえも〜ない。軽視できない。
接続:N+たりともない/1+助数詞

・死んだ娘のことを忘れることは一瞬たりともないです。
(死んだ娘のことを一瞬でも忘れることはない。)

・私はここを1ミリたりとも動く気は無いです。
(私はここを1ミリでも絶対に動く気は無いです。)

・コンビニのレジの仕事は1円たりとも誤差が出てはいけない。
(コンビニのレジで1円でも誤差は絶対に出てはいけないことだ)

・明日は歴史の試験だ。今夜は1秒たりとも寝ることはできない。
(明日は歴史の試験があるから、1秒でも絶対寝ないで勉強しよう。)

・父のことを好きになったことは1度たりともない。
(父のことを好きになったことは1度もない。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする