「と」「たら」「なら」「ば」の違いの説明

「たら」の特徴

実際に起こるかどうかわからないことを表す

1000万円当たったら、何を買いたい?
雨が降ったら、ディズニーに行くのは中止です。

ほぼ決まっている条件を表す

明日は海に行ったらバーベキューをします。
ご飯を食べたら宿題を一緒にしましょう。

一回きり、偶然、発見、きっかけ

牛乳を買ったらおまけがついてきた。
ドアを開けたら知らない男の人が立っていた。

64

「と」の特徴

変わらないことや一般的なこと

・1に2を足すと3になる
・あそこを右に曲がると郵便局がある

自然現象
・春になると、桜が咲き始めます

現在の習慣・反復
・毎朝起きると、コーヒーを一杯飲みます。
・彼は給料が入ると酒に使ってしまう。

機械の操作と結果
・お金を入れてボタンを押すと切符が出てきます

すぐに起こったり、必ず起こること、続いて起こること
・このアドレスにメールを送るとすぐに返事が帰ってくる
・このボタンを押すと水が出てくる

前文・後文がすぐに起こったこと

前の文の結果(発見)

・窓を開けると冷たい雪が入ってきた
・デパートに行くとクリスマスセールがやっていた

「と」以降に意志や希望、命令、依頼などの表現は取らない。

×桜が咲くと、花見に行くつもりだ。
×食事ができると呼んでください。

「と」は仮定性が低い。前文の動きをした結果後文になるという関係が多い。

ドアを開けると知らない人が立っていた(発見)。
彼にLINEを送るとすぐに返事が帰ってくる。

「ば」の特徴

変わらないことや一般的なこと(ことわざ)

・春が来れば花が咲く
・ちり積もれば山となる

現在の習慣・反復
・天気が良ければランニングをします
・雨が降らなければ歩いていきます

「ば」以降に意志や希望、命令、依頼などの表現は取らない。
×家に帰ればうがいをしなさい
×春になればさくらを見たいただし
・わからないことがあれば、聞いてください
・父が許せば、結婚するつもりです前文の術後が状態の場合、または前文と後文の主体が違う場合は使うことができる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする