名詞修飾節(連体修飾節)文法まとめ

活用

動詞 な形容詞
書く
書かない    + 名詞
書いた
書かなかった
元気
元気じゃない  + 名詞
元気だった
元気じゃなかった
い形容詞 名詞
おいしい
おいしくない  + 名詞
おいしかった
おいしくなかった
休みの
休みじゃない  +名詞
休みだった
休みじゃなかった

・小学生が書いた本がベストセラーだ。
・1番おいしかったレストランはこちらです。
・最近まで元気だったおじいちゃんが亡くなった。
・大学が休みの時はスキーに行きます。

※名詞修飾内の主語は基本的に「が」を取る。

・母くれたプレゼントは今でも大切にしている。
・彼女持ってきた家具は大きすぎる。

「が」の代わりに「の」を使うこともできるが、文が長すぎる場合は「の」が使えない。

○鈴木さんの行った場所は沖縄です。
×鈴木さんの家族と夏休みに行った場所は沖縄です。
○鈴木さんが家族と夏休みに行った場所は沖縄です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする