【て形】「ている」の用法と使い方

継続を表す「ている」

昼ごはんを食べています。(動作の継続)

トイレは壊れています。(状態の継続)
「死ぬ・割れる・溶ける」など変化の動詞→状態の継続
「走る・食べる」など動作、出来事の動詞→動作・出来事の継続

「行く」「来る」「帰る」

田中さんは中国に行っています。
(中国に行きました+現在も中国にいます)

友達が家に来ています。
(友達が来ました+現在も家にいます)

今、日本に帰っています。
(日本に帰りました+現在も日本にいます)

習慣の「ている」

「毎日、よく、時々、〜ごとに」などの頻度を表す言葉と一緒に使う場合、この「ている」は習慣を表す。

毎日、運動しています。
彼は毎月、海外へ出張しています。
10代の時はよく渋谷に行っていました。(過去の習慣)

職業の「ている」

鈴木さんはグーグルで働いています。
私は日本語学校で日本語を教えています。
吉田さんは東京大学でプログラミングを勉強しています。

結果の状態の「ている」

発話時点より前に起こったことの結果の状態を言うときに「ている」を使う。

窓がしまっています。
電気がついています。
かばんが開いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする